中学生時代に悩んだニキビ、部活動が辛かった

私が、ニキビで悩んだのは、中学生の時でした。

中学生の時、おでこにたくさんニキビができていたのです。

原因は、ハードな部活動でした。

私は、バレーボール部に所属していました。

バレーボール部の顧問の先生が、とてもスポーツ熱心な人で、毎日練習でした。

土日の休日もほぼ練習がありました。

練習量が多いですので、汗をたくさんかきます。

始めは、部活動でたくさん汗をかくことにより、ニキビが、おでこにポツポツとできていただけでした。

しかし、1つニキビをつぶすと、どんどんおでこじゅうにニキビが広がっていきました。

ニキビだけでなく、ニキビをつぶした跡もできていきました。

私は、おでこに集中してニキビができていました。

おでこ以外の部分に、ニキビができることは、ほとんどありませんでした。

おでこのニキビがはずかしくて、前髪で常にかくしていました。

ニキビだけでなく、ニキビをつぶした跡もあったからです。

おでこのニキビに悩んで、同じバレーボール部の仲間に話したことがありました。

しかし、いじわるなお友達などは、私が気にしているのを知っていて、ニキビを隠していた前髪をわざとめくり、からかってきたりしました。

また、運動で走ったりしていると、必然的に前髪があがり、おでこのニキビが見えてしまいます。

いじわるなお友達は、私に、「走っている時におでこのニキビが見えたけれど、ひどいね。」と言ってきたりしました。

前髪でおでこにできたニキビを隠していましたので、空気が入らず、余計にニキビが増えたのかもしれません。

しかも、ハードな運動をして、たくさん汗をかくのです。

結局、悪循環で、ニキビがおでこにどんどんできてしまいました。

あれから、30年近くたちましたが、今思い起こせば、ニキビも私の青春時代の思い出の1つだったと思います。