ストレスとニキビの関係性

社会人になってから、ストレスを感じたり、疲れが溜まるとニキビができるようになりました。

1回できると、治るまでに時間がかかり、ニキビが気になってその部分をつい触ってしまったり
化粧でニキビを必死に隠していました。

ストレスや疲れの元凶や原因が軽減されると、ニキビも治ってきます。
そして、新たなストレスや疲れが溜まってくると、また出来てを繰り返してしまいます。

ストレスとニキビは密接に関係してることを実感し、ストレスを溜めないようにするにはどうしたらいいのか考えるようになりました。

自分の考え方や気持ちを前向きにプラスに考えるようにすることで、暗い気持ちやクヨクヨと悩むことを減らすように心がけました。
1人で仕事を溜めないよう、周りとコミュケーションを取りながら仕事を進めるようにしました。

それから、体調を整えることにより一層力を入れました。
不規則になった生活を見直すこと、夜更かしをしないこと、お菓子など間食を減らすこと、野菜や果物などを摂取し
バランスの良い食事を心がけること、また残業をしすぎないよう、疲れを感じたときは早目に切り上げて帰宅して
リラックスしてリフレッシュし、気持ちを切り替えることを意識しました。

急激に変化はありませんが、徐々にニキビの出来る頻度が減っているような感じがしました。
顔色も良くなり、肌の調子も良くなったと思います。

今まではかなり大きなニキビに悩まされていましたが、出来ても小さいニキビで済むようになり
治るまで時間もかからなくなりました。

完全にニキビを出来なくすることは難しいですが、生活習慣や食生活を見直すことで
小さいながらも効果を感じることができました。

これを継続させていけば、よりニキビに負けない肌づくりや体作りができると思いました。